転職を視野に入れた野心的な留学も
Business studying abroad

留学は学生時代に行うべきものであり、社会人になった今「あの頃留学していればよかった」と思い返す方も多いのではないでしょうか。しかし現代では、それは学生のためだけにあるものではありません。ビジネスのスキルアップを考える人、転職を視野に入れた野心的な留学を考える人など、社会人のためのプログラムやインターンシップ制度も多く存在するのです。 プログラムには数週間の短期プログラムから、数年単位の長期留学まで様々です。語学能力に自信がなく、不安な方は、事前の日本での語学レッスンと短期英語特訓留学を組み合わせて語学をマスターするという方法もあります。また、語学にはある程度自信があるという方は、アメリカやロンドンの有名大学へ通い、世界最先端の授業を受けたり、トップレベルの知識を持つ人たちとのコミュニケーションをとることでコネクションをつくったり、多くの知識と人脈という財産を得られることができます。 現在の転職市場で求められているのは、スキルと語学力が大きな割合をしめています。今までの社会経験にプラスして海外経験、語学能力を身につけることで転職の選択の幅も広がります。 具体的な留学先としては、アメリカ、スイス、オーストラリア、ロンドン、カナダなど様々であり、また学校についても大学だけではなくホテルマネジメントスクールや語学学校な多くの選択肢があります。例えば、アメリカの大学への留学プログラムではアカデミックに特化した英語の授業、ビジネス英語の授業、会計学や法律学など自分の興味のある分野を選択する授業、インターンシップなどを行いながら語学力と専門知識を総合的に取得していきます。外国でのプレゼンテーションやディベート、ビジネスのシミュレーション経験がある人材は、どの企業から見ても魅力的に映るでしょう。 留学後はインターンシップ先から継続して勤務するよう、入社を打診される場合もありますし、帰国日が近づいたころから日本企業の使用情報を収集して帰国後すぐに就職活動を行うこともできます。