国際社会で戦っていく会社員を育てるために
Business studying abroad

日本の企業の中には生産性の向上などをはかる目的で、海外に生産の拠点を置くような会社も増えてきています。人件費の安い国に生産の拠点を置けば、それだけコストをかけずに製品の製造ができるようになることから、こうした国に進出する企業の数は今後も増えると予想されています。日本企業がそうした経営のグローバル化を図るのには理由があります。それは国際社会でますます経済競争が激化しているからです。日本の近隣地域である韓国や中国でも経済的発展が著しいために、これらの国との経済競争に勝ち抜くためにはより安いコストで、高い品質の製品を生産していかざるを得ないからです。ですから多くの日本企業にとって国際化は必然のものとなっています。しかしその一方で企業が国際化を成し遂げるためには解決しなければならない問題もあります。企業の国際化において一番大切になることは国際化に対応できる人材の確保です。いくら国際的に企業活動をしようとしても、それを実行できる人材がいなければ不可能ですから、今の日本企業にとって国際社会でも通用する会社員を育てることは急務となっています。そうした国際的な人材を育てる方法の一つとして社員を留学させるという方法があります。国際的に働くことができる会社員には海外で多くの経験を積ませることが不可欠になりますが、留学はそのような経験を積ませることができる学習方法です。日本の国内では体験することができない貴重な経験を留学では多く体験できます。海外で留学することによって、現地でのビジネスの方法を学ぶことができるだけではなくて、海外で上手に暮らす方法なども学ぶことができます。会話なども直接多くのネイティブスピーカーと接することによって、能力の向上を期待できます。会社が社員にこうした留学をさせる場合には、留学を事業として専門に扱っているような会社に依頼することで、より効果の高い留学をさせることもできます。